すぐにわかる!テープ起こしの募集情報

スポンサードリンク

仕事をもらう方法

仕事を獲得する方法

テープ起こし初心者の方にとって、一番確実な方法は、日本語ワープロ検定やキータッチ2000といったタイピングに関する資格を獲得した後、テープ起こし専門会社や速記会社などと契約することでしょう。

テープ起こし自体は、その他にも出版社やイベント会社などにもニーズはありますが、こういったところから直接依頼されるのは頻度としては比較的低く、また何らかのコネや相当の実績がある場合を除いて、自力で仕事を取ってくるのはなかなか難しいのではないかと思います。

また、先述したテープ起こしの専門会社や速記会社では、納品したデータを確認してフィードバックをしてくれるなどのサポート体制が整っていることも多く、スキルアップには理想的な環境と言えるでしょう。

もちろん、どうしても報酬単価は安く抑えらる傾向にあります。「お金をもらいながら勉強させてもらっている」ぐらいの感覚で経験と実績を積み、個人でもやっていけると自信がついた時点で次のステップとして出版社やイベント会社などに直接営業をかけるのがよいでしょう。

まずは、「経験と実績を積む」ために、ある程度定期的に仕事を回してもらえるような会社を探すことをお勧めします。 では、実際にどのようなアクションをとればテープ起こしのお仕事を獲得できるのでしょうか。具体的には次のような方法があります。

実際のアプローチ方法

1.新聞の求人欄をまめに見る
意外と思われるかもしれませんが、新聞の求人欄にも頻度は比較的低いですが、テープ起こしの求人の記事が掲載されていることがあります。競争倍率は非常に高いですが、少しでも確立が上がるにこしたことはありません。 どうしてもテープ起こしの仕事が欲しいという人は定期的に目を通すようにしましょう。

2.SOHO関連サイトの求人掲示板を見る
おそらくこれが一番ポピュラーなやり方だと思います。 私自身、このやり方で仕事を獲得したことがあります。具体的にはメールや電話などで応募をし、選考に通れば面接にすすむことになります。多くの在宅ワーカーが閲覧しているので、やはり競争率は高いですが、この方法を逃す手はありません。

3.直接営業をかける。
このやり方は若干勇気を要するので、ある程度の実績を積んでからの方がよいかもしれません。 送り先としては先述したように2タイプが考えられます。ひとつめは速記会社やテープ起こし専用の会社です。この場合、契約が決まればコンスタントに仕事は来やすいのですが、報酬は押えられがちです。 ふたつめはテープ起こしの依頼の大本である出版社やイベント会社等です。 こちらもなかなか仕事を獲得するのは簡単ではありませんが、出版社やイベント会社だってテープ起こしをやっている会社に頼むより、 精度が同程度であれば個人に頼んで費用を抑えたいに決まっています。 十分な実績がついたらこのやり方にトライしてみましょう。 営業方法としては、メールや電話など様々な方法が考えられますが、個人的にはDMをおすすめします。 理由はメールに比べちゃんと読んでもらえる可能性が高いように思いますし、電話に比べて先方に迷惑に迷惑がかかる可能性が低いように思われるからです。 ふたつのうちどちらを選ぶにしても、まず必要なのは勇気と好奇心です。HPや業界地図などで企業名と連絡先をリストアップして、さあ営業をかけましょう。

4.人脈を利用する
もし人脈があれば、それを利用するのが一番確実で手っ取り早いです。実際に学生時代にそういうようなバイトをしている人がいたのを今になって思い出します。 今すぐ人脈がないと言う人でも、出版業界の人と会う機会があれば「私はテープ起こしをやっているんだよ。何か依頼があればいつでも言ってね。」といったぐらいの話を伝えておくのもいいでしょう。

Copyright c 2018 テープライターになって確実にお金を稼ぐ方法。 All Rights Reserved.