すぐにわかる!テープ起こしの募集情報

スポンサードリンク

必要なスキル

テープ起こしに必要なスキル

基本的にはテープ起こしに資格はいりません。通信講座などで学んだ知識は、自分のスキルにはなりますが、学んだからといって仕事がくるわけではありません。仕事に興味があるが、何から始めたら良いかわからない方は、まずテレビのニュースを録音し起こしてみましょう。仮に30分録音したとして、起こすのに何時間かかるか測ってみて下さい。目安として、ニユースのアナウンサーのような「録音状態が良く、発音が明瞭」なテープ60分だと、プロは3時間から4時間で起こすそうです。そして、廿氏の「ゼロから学ぶテープ起こし」(発売:主婦の友社)を、まず実際にやってみることをおすすめします。その後に、高価な通信講座を選択しても決して遅くはありません。

できればあると望ましいスキル

テープ起こしで重要なのは「正しい日本語が使えるか」と「情報検索」。情報検索をいかに上手くできるか、リアルタイムでの情報をつかみながら、国語力をアップさせること。これが作業をスムーズにすすめるコツといえるでしょう。ガイドサイトINDEXに参考となるホームページをご紹介していますので、ぜひこちらもご活用下さい!

テープ起こしに適したパーソナリティ

  • 語彙が豊富
  • 読解力が優れている(国語が得意だった)
  • 滑舌よくない人の言葉でも聞き分けることができる
  • 守秘義務を厳守できる(口が堅い)
  • 情報を検索したり、調べたりするのが得意
  • 新しい話題や情報に興味と探究心がある
  • 新聞やニュースを毎日見ている
  • 緻密な作業をすることが得意
  • 必要な環境

    最低限必要な環境

  • 自分自身のパソコンを持っている(ご家族との共有はおすすめしません)
  • メールを使うことができる(ファイルの添付などの操作も必須)
  • Wordのようなテキスト入力ソフトを持っている
  • インターネットの常時接続がされている(高速接続がおすすめ)
  • ウィルス対策が万全である(インターネットセキュリティ&ファイアーウォール)
  • 圧縮解凍ソフトが使用できる(Lhaplusなどが有名)
  • 音声ソフト(Windows Media Player等)を持っている
  • カセットテープ等を音源を再生できる機材を持っている(CD、ICレコーダーなど場合も有)
  • 理想的な環境

  • 周りは静かで集中するのに適している
  • テキストエディタの導入(メモ帳ではなく「秀丸」などがおすすめ)
  • 音声再生ソフトとしてテープおこし専用のソフト「おこしやす」があれば尚良し
  • 再生速度が可変式の音声プレイヤーを持っている
  • ※「トランスクライバー」とは、テープ起こし専用の再生デッキで、別売ですがフットコントロールユニットを使用すると、テープの巻き戻し、再生などが足で操作でき、両手が入力に専念できるという優れものです。ただし、価格は6万円前後と高め。初心者は、揃えるのに少し戸惑ってしまうかもしれませんが、作業効率は格段にアップします。

    まず始めにやることは?

    テープ起こしに興味を持った人はまず何から始めればよいのでしょうか?


    << テープライターになるためには?
    Copyright c 2018 テープライターになって確実にお金を稼ぐ方法。 All Rights Reserved.